倉庫業者が行うサービスとは

物流のプロとしての倉庫業者

物流の拠点としての倉庫

ただ物を預け受け取るだけが倉庫業者と思っていませんか。
現在の倉庫業者はまさに物流のプロフェッショナルとして実に様々な取り組みをしています。
倉庫といえば商品を長く保管しておくイメージでしたが、最近では倉庫に商品を置いておく時間は数時間から数日間ととても短くなっています。
それは倉庫が物流センターとなっているからです。
倉庫は各工場から送られてくる原料を一時的に保管するだけで、原料は必要に応じてすぐに他の工場に送られたり、また完成した製品も顧客からの受注があればすぐに配送するのです。
また梱包や包装などを行う場合あり、倉庫で商品を店に並べる状態までの仕上げをすることもあります。
倉庫業者が商品の生産から販売までを管理しているのです。

通信業者とのかかわり

実際にこれらのシステムの一番の顧客といえば、通信販売業者でしょう。
大手通信販売会社であれば自社で倉庫がありますし、顧客管理や受発注なども全て自社で行うことができます。
しかし最近では、ネットの発達によりそういうノウハウを持たない小規模な企業でも通信販売を行っているところが多くなりました。
そういった通信販売のノウハウがない企業でも、倉庫業者のこういった業務支援を受けて通信販売業務を行っています。
具体的に言えば、DM発行やコールセンターなどがあります。
企業のイメージをあげるためにも宣伝は大変重要ですが、通信販売の対応に追われなかなか新規顧客開拓まで手が回らないという会社もあると思います。
倉庫業者はこういった顧客の要望にも幅広く答えています。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ