自分で解くチカラを養う | 憧れの医者になるために!医学部入試を突破するための予備校選び
The men is reading book

自分で解くチカラを養う

a girl are looking at teacher

医学部専門の予備校では、テストで他の受験生を圧倒できるように、普通の予備校とは異なる勉強法を用いています。意外に思われるかもしれませんが、医学部専門の予備校はほとんど授業を行いません。問題への向き合う姿勢の形成と勉強のモチベーションを保つことを目的としています。
難しい問題の解き方を教えるだけなら他の予備校と一緒です。医学部専門の予備校では、どうやって問題を解くかから始まり、最終的には問題に対する考え方を構築し、どのような問題にも対処できるようになることを目的としています。そこまでに至るには丁寧な個別指導の後に徹底的な自習を行い、毎日の確認テストで知識を完璧に自分のものにしていきます。具体的には、その日の学習内容は必ず当日中にマスターできるよう、帰り際にテストを行います。もしも満点が取れなければ再テストを行い、いつまでも帰れません。酷なように聞こえますが、実際に再テストになる生徒はほとんどいません。それは予備校の学習で問題への対処方法を理解しているのと、自習の中で効率的に覚える勉強法をマスターしているからです。
もちろん自習だけさせて放ったらかしにするわけではありません。勉強に対するモチベーションを失わないよう、常にメンタル面のケアも行います。自分で問題を解く力を身に付けつつ、さまざまなサポートも個別で行ってくれるので、自分に合ったペースで勉強ができます。

医学部専門の予備校で学ぶのは問題の解き方だけではなく、全てを完璧にこなし、点数の取り逃がさないという心構えです。ここで勉強した生徒はどんな問題にも諦めない強さを手に入れます。熾烈な受験戦争を勝ち抜くためにはこれが最も大切なのです。